雑誌 書籍 広告のご案内 よくあるご質問 会社情報 お問い合わせ
映像情報 web
ホーム > 書籍 > 光と光の記録[光編]その2−光の属性・干渉・回折
当社発行書籍のご紹介
i 「映像情報インダストリアル」関連書籍

郵便振替または銀行振込の方はコチラ↓

カード決済の方はコチラ↓
光と光の記録[光編]その2−光の属性・干渉・回折 安藤幸司著
定価2,381円(税別) A5版 168頁 【2007年6月発行】
 本単行本は、「光と光の記録−光編」の続編である。第一巻は、光を量として捉える考え方と、光源の種類、それに新しい光であるレーザについて触れた。本編(第二巻)では、光の属性についてまとめている。光を科学的に捉えた場合、光にはどのような性質があるのか、そうした性質はどのような歴史的背景から生まれて来たのかをできるだけわかりやすく解説したつもりである。(著者まえがき より)

 ☆★ 読者レビュー ★☆
 以前、本書の前編に相当するものを頂いています。  大変、重宝かつ有効に使用しております。  良い企画です。
6章 ヒトの眼と光
 6.1   人間の視覚認識との相似性
 6.2   レンズとしてのヒトの目
 6.3   ヒトの目のレンズ焦点距離
 6.4   ヒトの目の感度
 6.5   色
 6.6   目の反応時間
 6.7   網膜細胞―解像力
7章 色の規格化
 7.1   三原色(THREEPRIMARYCOLORS)
 7.2   波長
 7.3   色度図(CHROMATICITYDIAGRAM)
 7.4   色相(HUE)、彩度(CHROMA)、明度(VALUE)
 7.4.1  色相(HUE)(図7-2)
 7.4.2  明度(VALUE)(図7-3)
 7.4.3  彩度(CHROMA)
 7.5   色温度(COLORTEMPERATURE)
8章 自然界の光の性質
  8.1   自然現象に見る光の性質

  8.2   光の直進
  8.2.1     コロンブスと月食
  8.2.2     ブラックホール
  8.2.3     点光源
  8.2.4     直進性の強いレーザ光

  8.3   光速と長さ
  8.3.1     長さの基準としての光
  8.3.2     光以前の長さの標準―メートル原器
  8.3.3     1960年―光の2大出来事
  8.3.4     光速実験―ガリレオの実験
  8.3.5     光速実験―レーマーの実験
  8.3.6     光速実験―フィゾーの実験
  8.3.7     光速実験―フーコーの実験
  8.3.8     光速実験―マイケルソンの実験
  8.3.9     現在の1メートル
  8.3.10    光の直進を利用した幾何光学
   
  8.4   光の反射
  8.4.1     通り抜ける光、捕捉される光
  8.4.2     原子(分子)と光
  8.4.3     光と電子
  8.4.4     炭素
  8.4.5     エネルギーギャップ
  8.4.6     鏡
  8.4.6.1    保護膜
  8.4.7     反射板
  8.4.7.1    再帰性反射(RETROREFLECTION)
  8.4.7.2    スコッチライト
  8.4.8     光の反射率
   
  8.5   光の屈折(LIGHTREFRACTION)
  8.5.1     虹(RAINBOW)
  8.5.2     ハロー現象-日暈(ひがさ)、月暈(つきがさ)HALO-
  8.5.3     蜃気楼、逃げ水(MIRAGE)
  8.5.4     屈折の意味するもの―なぜ光は曲がるのか?
  8.5.5     光の速度が変わる理由―電磁波
  8.5.6     屈折率(REFRACTIVEINDEX)
  8.5.7     スネルの法則(SNELL’SLAW)
  8.5.8     光路可逆の原理(PRINCIPLEOFRAYREVERSIBILITY)
  8.5.9     フェルマーの原理(FERMAR’SPRINCIPLE)
  8.5.10    全反射(TOTALREFLECTION)
  8.5.11    屈折のたまもの―レンズ
   
  8.6   偏光(POLARIZATION)
  8.6.1     ポラロイド(POLAROID)の発明―ランド博士
  8.6.2     偏光発見の歴史
  8.6.3     方解石(CALCITE)による複屈折現象
  8.6.4     反射偏光の発見
  8.6.5     ブリュースター(SIRDAVIDBREWSTER1781-1868)
  8.6.6     ブリュースターの法則(BREWSTER'SLAW)
  8.6.7     フレネル(AUGUSTINJEANFRESNEL、1788-1827)
  8.6.8     直線偏光、円偏光、楕円偏光(LINEARPOLARIZATION, CIRCULARPOLARIZATION, ELLIPTICALPOLARIZATION)
  8.6.9     1/4波長板(QUARTERWAVEPLATE)
  8.6.10    CDのピックアップ光学系
   
  8.7   光の干渉(INTERFERENCE)
  8.7.1     メガネの反射防止膜(AR(=ANTIREFLECTIVE)COATING)
  8.7.2     薄膜による光の干渉の考え方
  8.7.3     ニュートンの薄膜研究(THINLAYER)
  8.7.4     レンズコーティング(LENSCOATING)
  8.7.5     干渉フィルタ(INTERFERENCEFILTER,BANDPASSFILTER)
  8.7.6     金属干渉フィルタ、非金属(誘電体)干渉フィルタ
  8.7.7     ダイクロイックミラー
  8.7.8     コールドミラー・コールドフィルタ
  8.7.9     薄膜技術のまとめ(THINLAYERSTECHNOLOGY)
  8.7.10    干渉と回折の祖―トーマス・ヤング(THOMASYOUNG、1773-1829)
  8.7.11    モアレ干渉(MOIREPATTERNINTERFERENCE)
  8.7.12    ペリクルミラー(PELLICLEMIRROR)

  8.8   光の吸収
  8.8.1     透明物体、白色体、黒色体
  8.8.2     カラーフィルタ(COLORFILTER)
  8.8.3     ゼラチンフィルタ(GELATINFILTER)
   
  8.9   光の散乱(SCATTERING:レーリー散乱とミー散乱)
  8.9.1     レーリー散乱(RAYLEIGHSCATTERING)
  8.9.2     レーリー卿(3RDBARONRAYLEIGH,JOHNWILLIAMSTRUTT、1842-1919)
  8.9.3     レーリーの回折限界
  8.9.4     チンダルとチンダル現象(JOHNTYNDALL)
  8.9.5     ミー(MIE)とミー散乱
  8.9.6     ミー(GUSTAVMIE、1868-1957)
  8.9.7     紫煙、白煙、黒煙(SMOKE)
  8.9.8     青い瞳(BLUEEYES)
  8.9.9     見える粒子、見えない粒子(INVISIBLEPARTICLES)
  8.9.10    ブラック散乱(BRAGGSCATTERING)
  8.9.11    ブラッグ親子(英国SIR.WILLIAMHENRYBRAGG:1862〜1942)
                (息子WILLIAMLAWRENCEBRAGG:1890〜1971)
  8.9.12    ブラッグの法則
   
  8.10   光の回折(DIFFRACTION)
  8.10.1     ヤングの回折・干渉実験
  8.10.2     レンズの分解能(RESOLVINGPOWER)
  8.10.3     結像ボケ研究の先駆エアリー(SIRGEORGEBIDDELLAIRY)
  8.10.4     光の分光―回折格子の原理(PRINCIPLEOFGRATINGFUNCTION)
  8.10.5     CDに見られる回折現象
  8.10.6     回折格子の溝
  8.10.7     回折格子を使ったレンズ職人フラウンホーファー
         (JOSEPHVONFRAUNHOFER:1787-1826)
  8.10.8     回折の考え方
  8.10.9     回折格子(DIFFRACTIONGRATING)
  8.10.10    ボシュロム社(BAUSCH&LOMB)
  8.10.11    ブレーズ格子(BLAZEDGRATING)
  8.10.12    回折光の現れ方―理論的な説明
  8.10.13    グレーティングの形状(KINDOFGRATINGS)
  8.10.14    プリズムによる分光と回折格子による分光
  8.10.15    分光器の基本配置(PRINCIPLEOFSPECTROMETER)
  8.10.15.1   ローランド(ROWLAND)式分光器
  8.10.15.2   ツェルニー・ターナー(CZERNY-TURNER)式分光器
  8.10.16    分光器の計測精度
>>ホーム
| 本サイトのご利用について | プライバシーについて | サイトマップ | お問い合わせ |
Copyright (c) Sangyo Kaihatsukiko Inc.All rights reserved.